ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

エンタメ・本

【本】『ペスト』(カミュ)を読んで不条理を知る

やっとカミュの「ペスト」を読み終えました。 なんせ、読むのは寝る前の一時だったのとにゃんこと遊んでしまうので、なかなか進まなかったのです。 さらには、登場人物が多い上に苦手なカタカナ、特に人名に全てラ行が入ってる! これがややこしくしているよ…

【映画】「レンタネコ」を見て将来が心配

梅雨の合間の青い空って、清々しいですね。今日はそんな日です。 さて、アマゾンプライムで「レンタネコ」という映画を見ました。「ネコ」って言われると見ちゃうのよね~。 なぜか猫が寄り付くという主人公の女性。市川実日子さんが演じています。「凪のお暇…

【本】「非色」(有吉佐和子)はオススメなのに

米国では、白人警官が黒人を死なせたことをきっかけに、抗議デモが大変なことになっていますね。 抗議する人たちの中には、平和的に訴えようとする人と、暴徒化、過激化する人がいるようです。 3人の会話 このようなことは今に始まったことではなく、そして…

夏の夜の夢 ~ 花火と『ペスト』とにゃんこ

昨夜の8時、全国一斉に花火が打ち上げられました。 コロナの終息や医療従事者への感謝を込めて、全国の花火師さんたちが打ち上げてくださったそうです。 www.news24.jp 人が集まって密になることを避けるため、打ち上げ場所は知らされていませんでしたが、8…

新しい生活様式で芸術文化は生き残れるのか

新しい生活様式。 新型コロナウィルスは完全に消えることはないそうです。共に生きていく前提で、或いは第2波に備えて、日常を変えていく必要があるそうです。 www.mhlw.go.jp 厚生労働省 with コロナ。 外出時のマスク、人との間隔はできるだけ2m以上、真…

おうち時間 ~ 衣替えとYouTube大学

多くの猫飼いブロガーさんが既に書かれてますが…ウチも一昨日、衣替えをしていると速攻でクローゼットに入られましたw あるあるですよねー ジャマなんだけどなー (*^ー^)ノ♪ユルスケドー コタツも、ニンゲン用のもにゃんこ用のも片付けました。(やっとかい!) …

おうちを楽しもう(スマホ編)

さて、動揺してばかりもいられません。現実逃避とばかり?楽しいことを探してまいりましょう。 しかし、なんと言っても今は、スマホがあればいくらでも楽しめますね。音楽でも動画でも電子書籍でもゲームでも。パチンコなんか行かなくてもさ。 アマビエを作…

おうちを楽しもう(韓国ドラマ・映画編)

おうちにいる時間が増えて、動画系サブスクでドラマや映画を楽しむ方も多いのではないでしょうか。 MarukoはAmazonPrimeで韓国ドラマ・映画をよく見ます。最近はこのご時世なので、基本的に明るいというか、いろいろあっても最終的には幸せになれそうなもの…

【映画】「キャッツ」って「猫×ミュージカル」は最強のハズ

遅ればせながら、映画「キャッツ」(字幕版)を観てまいりました。なんせ、猫好きでミュージカル好きのMarukoにとってはとても気になる映画でしたが、アメリカでは酷評されてると言うし、舞台の「キャッツ」も観たことはないのですが、CG?VFXっていうの?ど…

ドラマ「ハラスメントゲーム」を見てたら話題の女優さんいた。

今日は全国的にお天気が悪いようですね。お天気が悪いと出掛ける気力が無くなるMarukoは、また引きこもることにしました。こういうときは、いや、こんなやつが、ホントよく毎日仕事に行けてたもんだな、と思うのでした。 で、録画してたドラマか映画でも見よ…

【本】「くよくよしない力」を読んでフジコ・ヘミングのピアノを聴いてみた

最近、図書館で借りて読んだ「くよくよしない力」(フジコ・ヘミング著)をご紹介します。 フジコ・ヘミングってどんな人? フジコ(以下、敬称略)は、スウェーデン人の父と日本人の母のもと、ベルリンに生まれました。幼少期に家族で来日しますが、開戦目前…

ひねくれたTVドラマの見方

前回、「新しい地図」のことを書きましたけど、だからと言って「アンチ◯◯」とかじゃないので、念のため。昨日は中居くんがMCの「仰天ニュース」を見たし、「グランメゾン東京」も年始のキムタク祭り(?)も全部見たもんね。(草彅くんや中居くんのドラマもま…

「新しい地図」に感化されて「ボッチャ」を広めちゃう

今朝(1/6)、朝の情報番組「スッキリ」を見ていたら、パラリンピックの正式種目である「ボッチャ」をやっていました。「スッキリ」チーム(加藤浩次さん、近藤春菜さん、水卜アナ)VS「新しい地図」チーム(元SMAPの稲垣くん、香取くん、草彅くん)です。「…

【本】猫をテーマにした本で涙したりほっこりしたり

最近、たまに図書館に行くようになりました。上の写真は、先月、図書館の敷地内で黒猫さんを見かけてパチリ。デゴイチと同化してますが。 実は、Marukoは子どもの頃から図書館や図書室が好きなのです。人嫌いだからか(?)、静かに本に囲まれていると落ち着…

「こたつでみかん」で平和になろう

12月に入り、本格的な冬到来ですね。 昨日、「俺の話は長い」というTVドラマの中で、「世界から戦争を無くすにはこたつ」だって言ってたのが、ツボでしたわ。Marukoも子どものころから、冬は「こたつでみかん」が定番でして、今もこたつに入っております。 (…

【映画】「ターミネーター ニュー・フェイト」を「いい夫婦の日」に観たら

11月22日は「いい夫婦の日」ということで、週末は芸能界の結婚ラッシュでしたね。おめでたいことで何よりです。 Marukoは「いい夫婦の日」にダンナ様と映画デートしてきましたよ。な~んて、たまたまダンナがその日に代休だっただけなんですけどね。 で、アク…

【ミュージカル】「エビータ」は印象的な音楽の中で一人の女性を描ききる

劇団四季の「エビータ」地方公演を観に行きました。 「エビータ」は実在するアルゼンチン大統領ファン・ペロンの妻エバ・ペロン(1919~1952)の愛称です。 舞台はいきなり、エバの国葬の場面から始まります。 (「エビータ」プログラムより写真をお借りしまし…

【ミュージカル】「カモメに飛ぶことを教えた猫」は大人も子どもも楽しめる

劇団四季のファミリーミュージカル「カモメに飛ぶことを教えた猫」を観てきました。このイラスト、カワイイよね。 ファミリーミュージカルは子どもが楽しめるように作られていると思うので、オバチャンにはどうかなぁと思っていたのですが、大人でも楽しめる…

【本】「このあと どうしちゃおう」を読んで、今をどうしちゃおう

Marukoは無宗教です。というか、結婚式はチャペルで、親の葬式はお寺でやった、日本人によくある「なんでも教」です。 日本人の宗教観 前回、「リメンバー・ミー」を見て、死後の世界を想像したところですが、本当はどうなのか… 正直、あまり信じてないという…

【映画】「リメンバー・ミー」を見て死後の世界を想像したら~もうすぐハロウィン

この前、中学生の子どもがいるお友だちから聞いたのですが、最近はクリスマスよりハロウィンの方が大事なイベントなんだって! いつの間に? ハロウィンって、アレだよね、 「Trick or treat!」って、つまり、 「『お・も・て・な・し』してくれないと、悪さす…

【映画】「天気の子」on the おひとりさまの指定席

新海誠監督の「天気の子」を見てきました。 平日の昼間なのに、なんでこんなに人多いの~? って思ったら、そーいえば夏休みだった! ずーっと夏休みみたいなMarukoは、すっかり忘れてましたよ。 おひとりさまの指定席 で、映画館に入ると指定席の両側に子ど…

【映画】「アラジン」(実写版)を観ました

遅ればせながら映画「アラジン」を観てきました。 中村倫也さんの「ホール・ニュー・ワールド」も聴いてみたかったのですが、ここはやはり、ウィル・スミスのジーニーぶりを声も含めて観たかったので、字幕にしました。 だって、ウィル・スミスがジーニーをやる…

【映画】「言の葉の庭」「ボブという名の猫」~この時期オススメの2本

梅雨でインドアの時間が増えている方も多いのではないでしょうか。Marukoはもともとインドアですが、先週始まった放射線治療のせいか体がだるかったこともあり、日曜日はだらだらとAmazon Primeで映画を観て過ごしました。で、観た映画2本がこの時期インドア…

小林麻耶さんの幸せを応援します

久しぶりに腹が立つやら悲しいやらのMarukoです。 昨日のTV番組で、小林麻耶さんのお話を聞いてからです。 乳がんで亡くなった妹の小林麻央さんの闘病中や亡くなった後における、マスコミや心ない人々の態度については、許せません。 麻央さんの「2時間ショ…

「アゲリシャス」が止まらない

抗がん剤治療中で家にいることが多くなったMarukoは、TVをつけっぱなしにしていることが多いです。 日中は、意識的に見たい番組を見るというより、ワイドショー的な番組を流している感じです。おかげで、ワイドショーのネタも多少は詳しくなりましたが、これ…

劇団四季「ノートルダムの鐘」の余韻が止まらない

Marukoです。今日は、週末に名古屋劇団四季シアターで観た「ノートルダムの鐘」について書きたいと思います。 名古屋劇団四季シアターに到着したら、ノートルダム大聖堂火災の義援金箱へ シアターはJR名古屋駅から徒歩15~20分くらいです。体力不足のMaru…

「ダンボ」をお得に見てきました

「ダンボ」が3月29日(金)に公開されたので、見に行ってきました。 CGと分かっていても、ダンボがとってもカワイクて、感情移入しちゃう… (蘭ちゃん、飛び立とうとしてるダンボのマネ?) ティム・バートン監督らしいファンタジーな舞台にも引き込まれま…

「ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話」

このタイトルだけで おもしろそうと思い、購入して読んでみました。 KADOKAWA出版の清水めりいさん作のコミックです。 // ブラック企業の社員が猫になって人生が変わった話 モフ田くんの場合 作者: 清水めりぃ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/02/15…

韓国ドラマを見ながら充電中

充電中。これ大事な時間 During charging. It's precious time. まだあまり動く気がしないので、 Amazon prime で ずっと韓国ドラマ見てました。 「花郎(ファラン)」という、 イケメンがいっぱい出てくる時代物です。 最初はミーハーかな?と思いましたが …