ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

エンタメ・本

【本】「死にゆく者の祈り」(中山七里 著)~ 死刑と冤罪を考える。ドラマ「エルピス」も。

「死刑」や「冤罪」について、普段あまり考えることはないかもしれません。 でも、この本を読むと考えさせられます。 中山七里さんの小説「死にゆく者の祈り」です。 死にゆく者の祈り(新潮文庫) 作者:中山七里 新潮社 Amazon 主人公は浄土真宗の僧侶であ…

【映画】「すずめの戸締り」は盛りだくさんでみんな楽しめる!(個人の感想です。)

「すずめの戸締り」観てきましたよ。 今週は3ヶ月に1回の通院があったので、そのついでに。(どっちがついでだか!?) 公開から日が浅いので混んでいるかと思いましたが、上映回数が多いのと平日の昼だったからか、そこまで混んでいませんでした。 suzume-t…

【本】「ライオンのおやつ」(小川糸 著) ~ 明るく死にたい。

信仰を持たない者にとって、どのように死に向き合うか、というのは悩ましい命題ですよね。 Marukoも信仰がないので、この本は自分にとっての聖書(バイブル)になるかもしれません。 今日紹介するのは、小川糸さんの小説「ライオンのおやつ」です。 ライオン…

【本】「大事なことほど小声でささやく」(森沢明夫 著)~ 人ってそんなに強くない。

人って、そんなに強くない。強く見える人でも。 今日紹介するのは、森沢明夫さんの小説「大事なことは小声でささやく」です。 大事なことほど小声でささやく (幻冬舎文庫) 作者:森沢明夫 幻冬舎 Amazon ここに登場するのは、スポーツジムの筋トレ仲間6人。 …

【映画】「護られなかった者たちへ」と生活保護のこと。

Amazon Primeで映画「護られなかった者たちへ」を観ました。サスペンスでもあり、社会派ドラマでもあり、ヒューマンドラマでもあり、切なくて悲しいけど見応えありました。キャストもみんな良かったし。 メインテーマはずばり、生活保護です。暗いテーマでは…

【本】「うつくしが丘の不幸の家」(町田そのこ著)~ 幸か不幸か二択じゃない

幸せか不幸かって、他人に決められたくないですよね。とかく他人の評価を気にしがちな今日この頃ですけど。 今日紹介するのは、町田そのこさんの連作短編集。 海を見下ろす「うつくしが丘」という住宅地に建つ、3階建ての一軒家を買った代々の住人を描く連…

【本】「姑の遺品整理は、迷惑です」(垣谷美雨著)、「臨床の砦」(夏川草介著)は今読みたい本

今日は、最近読んだ2冊の本を紹介します。今まさに読みたい本なので、お薦めです。 姑の遺品整理は、迷惑です (双葉文庫) 作者:垣谷 美雨 双葉社 Amazon 郊外で一人暮らしをしていた姑が突然亡くなった。業者に頼むとお金がかかると考えた嫁(主人公)は、…

【ミュージカル】「ロボット・イン・ザ・ガーデン」はカワイイだけじゃない♪

なんだか最近、天気が不安定ですね~ でも先日、大雨の日だったけどミュージカル観に行って来ました♪ 劇団四季の「ロボット・イン・ザ・ガーデン」の地方講演です。 ↑プログラムのイラスト、カワイイ。 以前、原作本を紹介しましたが、その表紙と同じ方(酒…

【本】「コロナと潜水服」(奥田英朗著)「コンビニ人間」(村田沙耶香著)を読みました。

今日は、最近読んだ2冊の小説を紹介します。 コロナと潜水服 作者:奥田 英朗 光文社 Amazon 奥田英朗さんの短編集。 表題作はタイトルのとおり、コロナ禍を描いたものです。 コロナにかかったかもしれないと思い込んだサラリーマンの主人公は、妻と5歳の息子…

【本】「i(アイ)」(西加奈子著)を読んで思い出した同級生の話。

今日は、西加奈子さんの長編小説「i(アイ)」を紹介します。そして、プラスアルファの思い出話。 i (ポプラ文庫) 作者:加奈子, 西 ポプラ社 Amazon アメリカ人の父と日本人の母のもとへ、 赤ん坊の頃に養子としてやってきたアイ。生まれはシリアらしい。 選…

【本】「ねこバカ いぬバカ」「俺、つしま」ほか

最近図書館で借りて読んだ本の備忘録です。読書好きの方はどうぞ。 ねこバカ いぬバカ 作者:孟司, 養老,誠, 近藤 小学館 Amazon 「ねこバカ」の養老孟司先生と「いぬバカ」の近藤誠先生の対談。 ペットバカな二人の医学者が、ペットへの愛、ペットや人間の医…

【映画】「キングダム2 遥かなる大地へ」を観ました。

「キングダム2 遥かなる大地へ」を観ました。 あまりネタバレしない程度にご紹介しますね。 kingdom-the-movie.jp 今回はほぼ戦。 秦の隣国・魏が国境を越え侵攻を開始し、信(山崎賢人さん)は魏討伐の歩兵として初陣を果たす。 歩兵は伍(五人組)で戦う…

龍と猫と七夕と

七夕ですね。 一昨日、最上稲荷にお参りしたら七夕仕様になっていました。風に揺れるカラフルな短冊が風情です。 最上稲荷の説明はこちら。↓ 日蓮宗のお寺ですが、歴史は古く、一度は秀吉の水攻めで焼失したんだって。 本殿前の飾りもキレイです。 しかし、…

【本】「ツバキ文具店」(小川糸著),「ただいま神様当番」(青山美智子著)etc.

寝る前のルーティン、Marukoの場合は読書です。 読んだ本の紹介もしようと思っているのに、書かないまま忘れていきそうなので、簡単ですが備忘録的に、最近読んだ本をまとめてご紹介します。 1. 「ツバキ文具店」「キラキラ共和国」(小川糸 著) ツバキ文具…

猫がニンゲンに変身する話。

うちのコ(猫)がニンゲンに変身したら、どんなひとになるのかしら? いや、暑さのせいでヘンなモーソー始めた訳じゃないです。 AmazonPrimeで、こんな韓国ドラマを見たせいです。 ↓ okaeri-meow.com 公式サイトには動画もあるので、興味がある方はチェック…

【旅】小豆島(香川県)に行ってきましたVol.2~文学と映画が好きなら

前回、香川県の小豆島に行ってきたことをご報告しました。今日はその続きです。 ちなみに、島を反時計回りに巡ったので、その順序でご紹介しています。 前回紹介した「マルキン醤油記念館」と、紹介はしませんでしたが老舗酒屋さん(日本酒買った!)に行っ…

【本】「三千円の使いかた」(原田ひ香著)を読みました。

一時はすっかり春めいていたのに、最近また寒くて、こたつやホットカーペット(↑写真参照w)がまだ活躍しますね。 さて、ベッドサイドには猫と文庫本が欠かせないMarukoですが、今日は読み終わったばかりの小説「三千円の使いかた」をご紹介します。 作者の…

【本】「流浪の月」(凪良ゆう著)を読みました。

すっかり春めいてきましたね。 さて、今日は久しぶりに本の紹介。 ほぼ毎夜、ベッドで活字を読まないと眠れないMarukoですが、この本は読むのをやめられなくて、眠れませんでした。久しぶりの夜更かしで、ちと眠いです… ご紹介するのは、2020年本屋大賞受賞…

来る!スーパー猫の日に備えましょ。

もうすぐ猫の日(2月22日)ですね♪ しかも、誰が言い出したか、今年は2(ニャー)が6個も揃う「スーパー猫の日」(6個揃うのは800年ぶり!)だそう。こりゃ、盛り上がるしかない。 というわけで、スーパー猫の日気分をアップさせるため、こんな雑誌…

【本】「れんげ荘」(群ようこ 著)ほか3冊

寒くてこたつから出られないMarukoです。 今日は最近読んだ本の記録。 1. 「れんげ荘」(群ようこ 著) れんげ荘 (ハルキ文庫 む 2-3) 作者:群 ようこ 角川春樹事務所 Amazon 有名な広告代理店でバリキャリな働き方をしていたキョウコは、45歳で突然退職し、…

【本・ドラマ】肉体が永らえるのと意識が永らえるの、どっちがいい?~「長いお別れ」と「アップロードへようこそ」

新春ぽくないですが?小説「長いお別れ」(中島京子著)を読みました。 映画化もされているようですが、そちらは観ていません。 長いお別れ (文春文庫) 作者:京子, 中島 文藝春秋 Amazon 中学校長や図書館長を歴任した教育者の父親がリタイア後、認知症を患…

【アート】「石村嘉成が描く天神どうぶつえん」で動物たちの声を聞く。

クリスマス楽しんでますか? Marukoは昨日、ある美術展に行ってきました。 www.rsk.co.jp 地元の放送局RSK本社ビル併設の能楽堂ホールで開催されている「石村嘉成が描く天神どうぶつえん」です。 ちなみに「天神」は地名が天神町だからだと思います。そして…

【本】「漁港の肉子ちゃん」ほか3冊

前回は猫関連の本を紹介しましたが、今日は最近読んだ小説を紹介します。 実は、感想を書こうと思っているうちに時間が経ってしまうので、備忘録を兼ねてまとめて紹介しちゃいます~ 1冊1冊の紹介は薄くなりますが、ご了承くださいませ。 1. 漁港の肉子ちゃん…

【本】「猫を飼うのをすすめない11の理由」ほか

ときどき図書館に行くMarukoですが、多く借りるのが小説、その次が猫関連です。そのほかは旅行や経済関連。 今日は、最近読んだ猫関連の本3冊をご紹介します。 1 猫を飼うのをすすめない11の理由 猫を飼うのをすすめない11の理由 作者:響介 サンマーク…

【映画】「ディア・エヴァン・ハンセン」を観ました。

先週、映画「ディア・エヴァン・ハンセン」を観に行きました。ブロードウェイでヒットしたミュージカルの映画化ということで、ミュージカル好きなMarukoとしては、観とかなきゃ!って感じで。 上映中なので、ネタバレし過ぎないようにご紹介します。 主人公…

【本】「昨夜のカレー、明日のパン」(木皿泉 著)はグルメ本じゃない。

いいお天気ですね。行楽の秋。 Maruko的には、食欲の秋と読書の秋ですかね。 今日は、最近読んだ小説「昨夜のカレー、明日のパン」をご紹介します。 図書館でタイトルを見て、「なんかおいしそう?」と思い、手に取ったものです。 昨夜のカレー、明日のパン …

【映画】「老後の資金がありません!」でスカッと。

昨日は、映画「老後の資金がありません!」を観てきました。 以前、垣谷美雨さんの原作を読んだ記事を書きましたので、どんなお話かは、こちらを参考に。↓ run-maruko.hatenablog.com このときは天海祐希さん主演で映画化が決まっている、という情報だけで、…

【ドラマ】「ソロ活女子のススメ」はみんなにオススメ

Marukoはアマゾンプライムでドラマを結構見ていますが、最近見た「ソロ活女子のススメ」が面白かったので、オススメです。 原作はエッセイのようです。 ソロ活女子のススメ 作者:朝井麻由美 大和書房 Amazon ドラマでは、江口のりこさんが主人公の契約社員(…

やっぱり運動しなきゃダメ? 生活習慣病&寒暖差アレルギー

一昨日は人間ドックに行ってきました~。詳しい結果は追って届くとして、いわゆる生活習慣病関連の数値がね… 運動しなきゃいかんらしいけど。(^^; 帰りには図書館に行ってきました。 前回撤去されてた椅子やソファの類が復活していたので、ヤンキーにならずに…

【本】「猫の形をした幸福」(小手鞠るい 著)で泣きました。

本ネタが続きますが、昨夜、涙しながら読み終わったので、記憶が鮮明なうちにご紹介したいと思います。(若干のネタバレ含みます。) 小手鞠るいさんの小説「猫の形をした幸福」です。 猫の形をした幸福 (ポプラ文庫) 作者:小手鞠るい,牧野千穂 ポプラ社 Ama…