ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

冬の夜の幸せの重み


f:id:run-maruko:20210107121023j:image
最近、ウチの猫が乗ってきます。夜、ベッドで寝ていると。

Marukoの太もも辺りが多いのですが、ときにはお胸をフミフミもみもみした後、そのままお腹の上に固定。

お、重い… 寝返りできない…

でも、うれしい…

重い。うれしい。重い。うれしい。ニヤニヤ。

いや、決してM傾向はございませんのよ、ワタクシ。

 

ウチの蘭ちゃん、抱っこはあまり好きではありません。自分から膝の上に乗ってくることもありません。ちゅーるで誘導しない限り。

寝ているニンゲン限定?で乗ってくるの、なぜかしら?

横になってる方が安定するから? 暗いとくっつきたくなる?

でも、その重みが幸せで。(*^^*)

f:id:run-maruko:20210107121042j:image

定期講読している「ねこのきもち」2月号に『猫の「なぜ?」行動クイズ』というのが掲載されていました。その中で、「猫同士でくっついて眠るのはなぜ?」というのがありました。

いわゆる「猫団子」は、血縁関係にあるか信頼し合ってる猫たちによく見られるそうです。

寒い時期は

A 温め合おうとしているから

が一番の理由で、また、子猫の頃は母猫やきょうだい猫とくっついて寝る習性があるので

B 子猫の頃を思い出して安心するから

C 相手の寝息や心音が心地いいから

という理由もあるそうです。

f:id:run-maruko:20210107121111j:image

Marukoも家族と思われてるってことでいいのよね?

ちなみに、年中ベッドにはやって来ます。寝る場所は足元だったり顔の横だったり、いろいろ。昨年の夏くらいから結構、顔の横が多くなったなぁ。でも、上に乗るのは冬限定。やっぱり暖かいからか。

リビングには猫用こたつを点けっぱなしにしているのですけど。朝は先にリビングに移動して、こたつの上にいることが多いです。

くっつくのは夜限定で、乗るのは冬限定。

冬の夜は幸せな時間。

 (^_^)v

 

↓昨日のインスタ。お話好き蘭ちゃん(複数画像)。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ベンガル娘😺そして癒し🌱 (@run_with.maruko)

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。