ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

嫌いなものがイイ仕事することもある


f:id:run-maruko:20200728122224j:image
やっと梅雨が空けそうです。

なんか、季節感が狂ってきてますね。梅雨と言えば6月のイメージだったのに。6月のカレンダーには雨と紫陽花とカタツムリのイラストが定番だったはず。

最近は7月が長雨や豪雨災害のイメージになってしまいました。夏休みの子どもたちが海水浴や虫捕りに行くイメージから。

 

さて、ワタクシ、実は虫が苦手です。

たぶん、虫嫌いになったと思われる、虫に関わる一番古い記憶は、5歳前後のころ、近所の虫好きの男の子が蝶々を捕まえたその手に鱗粉がベッタリ付いたのを見たことでした。

 (; Д)゚ ゚ ナンジャコリャア

それ以来、虫という虫は全部苦手。

 

学生時代、バイト中に蚊が出て手をパタパタしてたら、「なんで叩かないのよ!?」って言われました。いや、「虫も殺さぬ」なんてぶりっコ(古っ!)してるわけじゃなく、どーしても自分の手の中で死ぬとか耐えられないのです。

何年か前には、夏に窓を開けて一人残業してたら巨大な蛾が入ってきて、思わず当直に電話して「誰か助けて~!」と言って当直員を呼んでしまいました。来てくれた男性職員、モップか何かで追い出そうとしていたのですが…

 バタバタッ ギャーーー!

え? 今、叫びました? 叫びましたよね?

実は、自分、虫が苦手でありまして…」

そーなの~~?!!

いつも何事にも動じない感じの方だったのですが、まさか虫で叫ぶとは…

諦めて帰りました。

虫を投入すると残業削減になるかもしれません。働き方改革。(ジョーダンです。)


f:id:run-maruko:20200728124355j:image

でも、虫がイイ仕事したことも。

昔、婚活してたころ。友人に男性を紹介されました。「この後、二人で…」みたいな流れかと思いきや、「この後は趣味のイベントに行く用があるので。」とのこと。

それまで、特段の趣味はないと言ってたのです。

で、どのようなご趣味で…?と訊くと

虫の…

はい?

よく訊くと、クワガタやらカブトムシやらを育ててるそうで、というか、増やすのが楽しいんだそうで…

はい、消えた!

家でダンナがそんなもの飼ったら、バルサン焚いて殺戮の限りを尽くしてやるー!!!

f:id:run-maruko:20200728124433j:image

なんて話を、当時上司だった今のダンナにしていたのです。ほかにも婚活の内容をウケるネタとして、「ちょっと聞いてくださいよ~!」って、しゃべってました。

ちなみにダンナは上司だし割りと年上だし、アウト・オブ・眼中(これまた古い)だったのです。

付き合うようになったのは、内部の異動で上司と部下の関係ではなくなってからですが、付き合う前に婚活してたことを知られていたのは、その後の進展が早かった理由の1つにはなっていたかと。

ありがとう、虫おとこさん。


f:id:run-maruko:20200728122256j:image

  どんなものにも そんざいいぎはあるにゃ

  なーんちゃって…

 

最近、虫ネタが流行ってる?ので、便乗してみました。

蘭ちゃんはお薬も飲みきって、元気です!

  (^o^)/~~