ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

【ペット】中国のペットクローンビジネスは誰も幸せにならない


f:id:run-maruko:20191106100257j:image

昨夜のニュースで、中国のペットクローンビジネスが特集されていました。

初めて哺乳類の体細胞からクローンが作られた「羊のドリー」誕生から20年以上が経ち、今ではサル(霊長類)のクローンも成功して、理論上はヒトのクローンも可能だそうです。

そして、ヒトのクローンには規制があるけど、動物には規制がないそうで、中国では、亡くなった愛犬や愛猫のクローンが作られたり、有名なタレント犬のクローンが作られたりして、すっかりビジネスとして成り立っているようです。

 

亡くなったペットのクローンを作りたくなる気持ちは分からなくも… いや、分からん!

「ドリー」は通常の半分しか生きられなかったので、安全性を問題視する見方もあるでしょうし、それ以前に、だって、犬や猫は学習する生き物ですから。

ペットは、飼い主との関係の中で、かけがえのない時間の中で、こんな風にすると飼い主が喜ぶ(怒る)とかこれをやると良いこと(嫌なこと)が起こると学んで、行動が身に付いていきます。

そして、遺伝子をコピーしたって、記憶はコピーできません。築いた時間は引き継がれないのです。

とすると、似ているのは見た目だけであって、同じ行動や仕草をするわけではないと思うのです。だったら、見た目だけ同じコを手に入れることなんて、意味なくない !?

一卵性双生児だってそれぞれに個性があるように、それぞれに独立した人格が、それぞれに尊厳があるように、全く別のコなんですよ!

(>_<)メヲサマセ

 

時間に限りがあるから、思い切り愛情を注いであげよう。そして、もしも虹の橋を渡ってしまったら、とても悲しいことだけど、思い切り悲しんであげよう。

それから、いつか縁あって新しい出会いがあれば、またイチから愛してあげよう。

そう思います。

 

きっとNNNのLさんがステキな未来を用意してくれますよ。ね、そうでしょう? Lさん!

 

(↓ 参照 : Maruko愛読のぽぽんたさんのブログ)

www.poponta.blue

 


f:id:run-maruko:20191106163525j:image

(蘭ちゃんは 蘭ちゃんだけにゃのだ!)