ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

元公務員のオバチャンの働き方

f:id:run-maruko:20210418112249j:image

先週はお仕事が結構忙しかったMarukoです。と言っても大変だったのは木曜日までで、金曜日からは静かな環境でデスクワークです。

何の仕事か想像がついている方、たぶん正解です。

来月の中旬からはまた別の季節もの?の期間バイトに行きますが、またPCに入力するのがメインの仕事です。

r.o.u.g.a.n がツライ~と言いつつ、できることがそういうことしかないもんで…

ほぼ事務仕事しか経験がないけど、事務と言っても経理などの経験はないので、やはり元公務員、経験が活かせる仕事はあまりないですね。

f:id:run-maruko:20210418112311j:image

今のバイトが決まる前、折角ペット関係の資格を取ったし、と思って求人サイトから数件、ペットグッズ販売や保護猫カフェに応募してみましたが、「夜10時半まで勤務できますか?」と言われて辞退したり(バス終わってる!)、動物病院との行き来が難しそうで(車の免許がない!)不採用になったり。

なしのつぶて、というところもありました。よくよく求人を見ると、「20代、30代活躍中」と書いてありました。それってどうやら、年齢制限を明示するのを避けてるけど、40歳以上の人は採用するつもりはない、ってことらしい。

若い人なら、経験や資格がなくても、時間を掛けて育成しようとするんだろうけど、オバチャンに求められるのは、経験に基づく即戦力なんだろうな、と思い知ったわけです。

ペット関係は所詮、机上の勉強で資格取っただけだし。資格を使って起業する勇気はないし。

というわけで、事務仕事を探しつつ、でも、休みづらかったり辞めづらかったりしても困るので、短期バイトを繋ぐことにしたのです。

通院もあるし、コロナが収束したら遊んでやる!って思ってるしね。そして、蘭ちゃんを愛でる時間も確保したいから、朝の勤務開始は遅めOKのところでw

f:id:run-maruko:20210418112349j:image

 

仕事の疲れは蘭ちゃんが癒してくれます。

毎晩、ベッドに来てフミフミする蘭ちゃん。

数日前はちょうどMARUOの腰を揉んでたw

↓インスタの動画でどうぞ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.maruko)

Marukoの腹を揉んでくれることもありますよ。

重いけど、「痩身効果があるといいな~」などと思いながら、耐えておりますの。

 ♪ヽ(´▽`)/

 

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。