ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

モーソー旅~台湾の猫たち(猴硐・九份)


f:id:run-maruko:20200627014433j:image

GO TO キャンペーンが始まるそうです。

個人的には、当分は近場に限ってかな、と思います。県外や、ましてや海外なんていつのことやら、と思いますね。

なので、今日はまたモーソー旅してみようと思います。

 

小樽へのモーソー旅はこちら↓

run-maruko.hatenablog.com

 

ズバリ、今日はほとんど台湾のにゃんこ写真です。

写真ばっかりだと重くなるのかなぁ?と思いつつ…

行ったのは3年半ほど前。昔の写真を取っておいてくれるgoogleさん、ありがとう。

 

この頃はまだウチのコをお迎えしてなくて、にゃんこと暮らしたい願望いっぱいでした。

台湾旅行には台北市内の観光が付いていましたが、自由行動の日もあり、そこで行ったのは猫村として有名な猴硐(ホウトン)です。

f:id:run-maruko:20200627014521j:image

元は炭鉱の町だったそうですが、今では猫推しなのです。駅もポストもバス停も猫デザインのものがいっぱい。

台北から電車で1時間ちょっとくらい(1回乗り換え)なので、台北の猫バカどもがたくさん日帰り旅しているにちがいありません。

f:id:run-maruko:20200627014620j:image
駅を出るとすぐににゃんこに出会えます。

f:id:run-maruko:20200627014801j:image

そして、みんな人に慣れています。

f:id:run-maruko:20200627015002j:image

近寄っても逃げません。

f:id:run-maruko:20200627015046j:image

看板も漢字だとなんとなく意味がわかりますね。

たぶん、「マムシが出ます。地元民も観光客も注意して。」みたいな? 

  (^_^;)))ヒエー 夏は要注意かもしれません。

f:id:run-maruko:20200627015148j:image

ひなびた雰囲気が絵になります。

f:id:run-maruko:20200627020224j:image

屋根の上にも。

f:id:run-maruko:20200627015223j:image

道にも。

f:id:run-maruko:20200627015331j:image

猫バカさん、さようにゃら。

 

次に行ったのは九份(ジウフェン)です。

人気の観光地なので、観光客がムチャ密でした。

f:id:run-maruko:20200715105745j:image

こちらは「千と千尋の神隠し」の舞台ではないかと言われて有名になった人気スポットです。

f:id:run-maruko:20200627020929j:image

明るいうちに撮った写真を見るとバッチリ書かれてますが…ジブリ公認ではないかも?


f:id:run-maruko:20200715121124j:image

ライダーにゃんこ発見。

実は、九份にもにゃんこが結構いました。

f:id:run-maruko:20200627015721j:image

雑貨屋さんの看板猫たち。

f:id:run-maruko:20200627015816j:image

ここにも。
f:id:run-maruko:20200627015902j:image

たくさん出会えました。

f:id:run-maruko:20200627020002j:image

こちらはオカリナのお店のにゃんこオカリナ。

吹きこなせそうにないので写真だけ。買えばよかったかなぁ。

このお店は台湾では有名なオカリナ奏者游學志さんの親族が経営していて、ダンナは游さんのお母さんやお兄さんとお話しできて喜んでました。オカリナやCDも買いましたよ。


f:id:run-maruko:20200715123917j:image

台湾は、ごはんが美味しくて、親切な人が多くて、人にも猫にも優しい場所でした。

また行けるといいな、という願いを込めて、残ったコインに蘭ちゃんの抜け髭を一緒にしています。猫の髭は金運のお守りになるって言いますし。

左は台湾の交通系電子マネーです。これがあれば移動が楽チンですよー。(^o^)

 

f:id:run-maruko:20200715124741j:image

 ワタシのひげ

  みつけてよろこんでるヘンタイめ。