ベンガル娘のお休み処

ねこバカMaruko(がんで公務員を退職)とベンガル蘭ちゃんの暮らし 

【旅】小豆島(香川県)に行ってきましたVol.1

f:id:run-maruko:20220610234726j:image

海が好き。

正確には、海の見える風景が好き。

見ていると、なぜだか気分が落ち着く。

前世は海の中の生物だったのかもしれない。

いや、違うか。海の外から見ているわけだし、泳ぎは得意じゃないし。

漁師町に暮らす猫、とか。(魚介類好きだしw)

 

というわけで(どーゆーわけ?)、先日、ウチから一番行きやすい島、香川県の小豆島(しょうどしま)にMARUOと行ってきました。

f:id:run-maruko:20220611000208j:image

イカーをフェリーに乗せて行きました。

アクセス方法などは以下のサイトを参考にしてください。

shodoshima.or.jp

 

まずは「エンジェルロード」。

f:id:run-maruko:20220611000219j:image

干潮のときだけ現れる道を、恋人同士が手を繋いで渡ると結ばれるとかなんとか。で、恋人の聖地になっています。

行ったときは、もうちょっと水が引いたら繋がるんだけど...というくらいで、渡れませんでした。

まぁ、ウチらは既に結ばれてるんで。

 (^_^)ゞ テヘ

 

次に行ったのは「オリーブ公園」。

f:id:run-maruko:20220611000304j:image

小豆島はオリーブ推しなので、郵便ポストもオリーブ色なのです。

そして、この地で実写版映画「魔女の宅急便」の撮影が行われたということで、「魔法のほうき」推しでもあります。

f:id:run-maruko:20220611000325j:image

ほら、映えスポットで写真とっちゃいなよ

ってことで、無料レンタルしてくれます。

Marukoはやりませんでしたが。魔法使いの修行を始めるにも、年齢制限があるに違いない...

個人的には、ほうきがぶら下がってる黒猫のフックが気になる。

 (^з^)-☆

f:id:run-maruko:20220611000354j:image

この風車の前でほうきに跨がり、ジャンプした瞬間を撮るのが王道らしいです。

f:id:run-maruko:20220611000406j:image

映画の中でキキが働いていたパン屋さんの建物が、雑貨屋さんとして残っています。ジブリファンは必見ですね。

 

 

次はガラッと雰囲気が変わりますが、「マルキン醤油記念館」です。

f:id:run-maruko:20220611000518j:image

小豆島は昔から醤油造りが主要産業のようです。

この記念館は100年以上の歴史がある醤油蔵で、国の登録有形文化財に指定されています。

昔ながらの道具を見ることができて面白いですし、入館料400円でお土産(ミニボトルの醤油)と物産館の割引券100円分が付いているので(2022年6月現在)お得な感じがしました。

物産館では、割引券を使って醤油ソフトを食べましたが、美味しかったですよ。それほど醤油感はなく、程よい塩味と香ばしさといった感じです。

 

見所はまだあるので、続きは次回にしようと思います。

 (^^)/~~~

 

 

おまけ

海の見える風景も好きだけど、この風景↓はもっとたまらん。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ベンガル娘😺 (@run_with.maruko)

 

 

 

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。